ローマパリロンドン

【人につい薦めたくなる】組み立てすのこベッド(ニトリ ルー NA-S )【快適ベッド下収納】

ベッドで寝るか

 

経緯

タンスが欲しかった。(いつしか人々はチェストと呼ぶようになったが。ジーパンをジーンズと呼んでみたり、ベンツをメルセデスと呼んでみたり。)まぁ、それはよいとして、タンスが欲しい理由はその収納力だ。もう服が収まらない。

タンスを買うにしても、タンスは安くても2~3万するから私にとって痛い出費になる。配置する場所もとるわけだ。

私にはもう1つの課題を抱えていた。それは布団を持っているのに、床で寝ていることだ。冬はこたつで寝ていたが、他の季節はもっぱら床。なぜ布団で寝ないのか?それは

布団で寝た後は布団が湿るし、カビ生えるし、かといってそれを防ぐのに布団を定期的に干したりするのも大変だからだ。

だからと言って、タンスとベッドを同時に買うのは回避したい。どちらを買えばいいんだろう。。。と悩んでいると1つの答えに辿り着いた。それはベッドを購入し、ベッド下の空間を活用する事だ。きっとこれが答えに違いない。

 

ベッドの選択

さて、ベッドを買うと決めたら、次はどれにするかで悩むのである。価格が安いことは重要だ。そしてベッド下収納できるだけの高さがあること。また、カビが生えにくいもの。できれば引っ越しした場合でも、また引っ越し先で使えるもの。これらが決め手の要素だ。

いくつか紹介。

 JAJAN

 

 こんな感じのが欲しい。

DORIS

 

 これはアマゾンレビューで好評価

ニトリ パック NA-S

やっぱり安定のニトリ

ニトリ パックル NA-S

こっちの方がリーズナブル。

 

ニトリ ルー NA-S

 

これにしよう。一番気にしたのはベッド下収納ケースが入ること。入らなかったらショックでしょ。ニトリでベッド下用の収納ケースが売ってるから、合わせて買えば失敗はしないだろう。

購入したのはこういう収納ケース。高さはないけど、結構入る。

ベッドの脚高にしたかったら

もしも収納ケースが入らなかったら、これ買えばなんとかなりそう。

ベッドを注文しました

早速注文したところ、無事届く。なんと24Kg。結構重いが、これを運んでくれた配送業者さんには感謝しかない。


f:id:x-home:20180708012638j:image
これがパッケージ。ベトナム製のようだ。木もベトナムの木なのかな?

 
f:id:x-home:20180708011453j:image
開いてみると、こんな感じ。

 

f:id:x-home:20180708011506j:image

 板のアップ。


f:id:x-home:20180708011522j:image

 ちょっと黄ばみがあったんだけど、まぁリーズナブルだから許してやろう。というか、ケチつけて仮に交換できたとしても、対応するのも面倒臭い。

 
f:id:x-home:20180708011539j:image

これは板を横からみている。板は、一本の木ではなく、数ミリの薄い板を張り合わしている合板である。安い理由は、こんなものだろう。合板が悪いわけではないが、恐らく、合板でない家具が欲しければ、それはきっと高価である。


f:id:x-home:20180708011552j:image

パーツの種類は多くない。大きく分けて4つ。1.「すのこ」。2.「フレーム縦」。3.「フレーム横」。4.「中央脚」。


f:id:x-home:20180708011608j:image

 そして、ミニ四駆みたいな?、プラモデルのような?ネジなどの金具部品が付属している。。


f:id:x-home:20180708011623j:image

これはベッド中央の脚(「中央脚」と呼ぶ。)。高さ調節できる。画像のしたの方が、上と木目が違うでしょ。出来れば木目も統一して欲しい。誰も見ないようなところだけども。

 

ベッドの組み立ては簡単


f:id:x-home:20180708011635j:image

これが組み立て手順書。一枚だけ。

 
f:id:x-home:20180708011650j:image

こんなパーツで板と板を繋いでいく。

 
f:id:x-home:20180708011713j:image
板にCとかDとかシール貼ってあるから、迷う必要なし。Good!!

f:id:x-home:20180708011701j:image
では、この小さな木の部品を板に嵌めていこう。


f:id:x-home:20180708011725j:image
あちこちに穴空いてんぜ。

 
f:id:x-home:20180708011809j:image

出来た。ジャーン。「フレーム縦」が完成した。(^o^)v

 
f:id:x-home:20180708011823j:image
次はこれを使う。


f:id:x-home:20180708011843j:image

 六角レンチで「中央脚」を「フレーム縦」の真ん中に繋いでいく。


f:id:x-home:20180708011853j:image

 次にこれを使う。こんな部品見たことない。これは使い方を間違ってしまった。(///∇///)

 
f:id:x-home:20180708011910j:image
こうやって銀色の部品とネジを分離して使う。

 
f:id:x-home:20180708011926j:image

「フレーム縦」と「フレーム横」をくっ付けるには、まず取り外した銀色の部品を「フレーム縦」の穴に嵌める。で、「フレーム横」の方からネジを通すと、この銀の部品に通って、ネジ止めできる。(言葉で伝わりそうにない。)


f:id:x-home:20180708011938j:image
ジャーン。フレーム完成。

 
f:id:x-home:20180708011951j:image
次にすのこを嵌めていこう。


f:id:x-home:20180708012002j:image

 まずは中央に一本の金具を通す。

 
f:id:x-home:20180708012016j:image

恐らくこのフレームは歪みに弱いので、フレームが横に広がろうとするのを防ぐためであろう。


f:id:x-home:20180708012026j:image

 次にこのネジを使う。すのこを思い切りネジ止めする。

 
f:id:x-home:20180708012035j:image
ドライバーが小さくて作業し辛い。すのこはマジックテープ?みたいな素材(取り外しは出来ない。)で連結されてるから、端の板をネジ止めするだけでよい。


f:id:x-home:20180708012043j:image

ジャーン。完成。写真取りながらだけど、完成まで1時間30分くらいかな。

 
f:id:x-home:20180708012056j:image
そして、ベッド下用の収納ケース。これで部屋の収納力がアップし、尚且つ、人らしい生活に近づいた。

 

購入後

組み立て後、一ヶ月ほど使用している。特に不満はない。今のところ、カビも生えてこないし。高い買い物で失敗する位なら、これ位のベッドを買うのはお薦め。収納力もアップ!!!