人気腕時計!!RANGEMAN GW-9400J-1JF その2

 CASIO G-SHOCK RANGEMAN GW-9400J-1JF

f:id:x-home:20170728195452p:plain

何度見てもかっこいい。G-shockRANGEMAN!!GW-9400J-1JF。

  楽天市場でGW-9400J-1JFを検索する

 ここ最近は常にチェックしているけど、なかなかの価格である。大体32000~36000円くらい。これ以上は下がらないかもしれない...

 

魅力について

なぜこんなに欲しいと思うのか、それは当然デザイン。カッコよさである。がそれ以外をあげていくと、その一つが耐久性である。

製品情報の記載。

products.g-shock.jp

地球上で最も苛酷な環境 

 極限の環境下 

 苛酷な環境下

このような環境で使用することは無いだろう。 だが、このタフさこそがカッコいいのだ。

 仕様の面からも魅力を語ると、まず【20気圧防水】、【タフソーラー(ソーラー充電システム)】、【電波受信機能】、である。すなわち、水没しても壊れないし充電不要、時刻合わせ不要の手間要らず。購入し時刻合わせしたらそれ以降は何もする必要が無い。私は過去に機械式時計を購入したが、これは腕に付けていないと針が止まるのでその都度修正していた。この手間が魅力と言う人もいるが、無精な私には合わなかった。

次に、RANGEMANは【方位計測機能】、【気圧計測機能】、【高度計測機能】、【温度計測機能】を備えてしまった。これによってprotrekが必要なくなったそうだ。rotorekとはカシオがアウトドア向けに展開している時計だが、仕様をみるとRANGEMANとほとんど変わらない。

protrek.jp

 

また、反転液晶ではないので視認性が高い点も良い。反転液晶は視認性が悪いといった記事をよく見かける。RANGEMANも反転液晶のものが出ているが、視認性の良さを考えたらこれが良いと思う。

 

気を付けること

 気を付けなければいけない事は、海外モデルが展開されていることだ。国内版と海外版では型名が違うので購入にあたっては注意する必要がある。差はカーボンファイバーインサートバンドかどうか。カーボンファイバーインサートバンドは、おそらく普通のバンドより耐久性が上がったバンドだろう。海外版はカーボンファイバーインサートバンドで無い分安い。海外版は大体25000円前後で購入可能である。なので、バンドにこだわりが無ければどちらかと言えば手頃な海外版を求めもよいかもしれない。(それでも高価な時計!!)