ローマパリロンドン

セイコーは経営危機なのか?適当に調べてみた

f:id:x-home:20170830043302p:plain

セイコーは経営危機なの?

先日、母へのプレゼントに腕時計も良いかなぁと思っていろいろ検索していたことろ、

SEIKOの経営がよろしくないといった記事を見かけた。www.mag2.com

これによると、純利益は95.0%減の大幅な減益で、原因は競争の激化であるとのこと。腕時計の総出荷数は倍増しているのに、SEIKOの売上は横ばいなのでシェアと人気が低下している。

 

決算を見てみます

そこで、セイコー決算短信を調べてみた。

決算短信 | 株主・投資家情報 | セイコーホールディングス

 

各年度3月期の決算短信から売上と当期純利益自己資本比率を抜き出すと下表のとおりとなる。

f:id:x-home:20170830045213p:plain

それぞれ確認していく。(注意!!ど素人が適当なこと言うから真に受けないでね。)

 

売上高

グラフの方が分り易い。

f:id:x-home:20170830045550p:plain

  • 2009年の落ち込みは有名なリーマンショックの影響による。
  • 翌年(2010年)から売上が急増している。これは関連会社のセイコーインスツル(株)を完全子会社にし、その売上を加えていることによる。(なぜ2年間に渡る?のかが分かりませんでした。)
  • 2014年の売上増は消費税増税前駆込み需要による。
  • 2017年の落ち込みは円高とアメリカ、中国に対する外販の落ち込みによる。

まぁ、横ばい、もしくは緩やかな下り坂といったところ。

 

当期純利益

f:id:x-home:20170830050645p:plain

  • 今回調べようと思った契機「当期純利益95%減」の記事だが、最終的には55%減で済んでいる。
  • それよりも赤字期が何回かある。ビックリ!?
  •  2009年から2010年あたりで、下記の通り揉めてた

diamond.jp

  • こうなると批判的記事も出ている。

www.nikkei.com

  • 2012年の赤字は、東日本大震災、タイの洪水、超円高など、マイナス要因が多かったことによる。それにしても被害がデカい。
  • 2015年の高利益は資産売却(固定資産、株)によるもの。

 

自己資本比率

f:id:x-home:20170830053557p:plain

  • 自己資本比率は2012年から回復している。健全な自己資本比率の目安は30%と聞いたことがあるので、経営状態は健全と言ってよいと思う。
  • 下記の記事だと40%が優良のようだ。

決算書.com:決算書の読み方・使い方・見方がわかる!

 

結論

問題ないんじゃないかなぁ。即倒産というほどの危機も無い。ただし、斜陽産業に感じるので長期的に見たら、将来は細々とした経営をしているかもね。

セイコーエプソンも危機的な話が出ていたようだけど、今は全く問題無いみたいだし。 

keizainewsmatome.blogspot.jp

 

国内最高の腕時計、グランドセイコーは格好良いからお勧めです。