【ボクシング】村田諒太 WBA世界ミドル級王座決定戦 レビュー

村田は勝っていた!?疑惑の判定!?

世論

f:id:x-home:20170522214820j:plain

 

私は試合を見ていないが、試合結果について世間がざわついている。村田諒太の方が相手にダメージを与えていて対戦相手を圧倒していたにも拘らず、対戦相手のアッサン・エンダム(33=フランス)が1-2の判定で勝利したためのようだ。エンダムの方が評価が高かった理由は手数が多いことらしい。

感想

f:id:x-home:20170522214921j:plain

私は試合を見ていないのでこの判定についてとやかく言えない。なのでyoutubeで見た。しかも手数をチェックしながら。

 

f:id:x-home:20170522215652p:plain

 手数は上表の通り。手数のカウントは正確ではない。カウントしながら試合を見るのは難しいからだ。とはいえ大まかに判断することはできるだろう。全体的にエンダムの方が多い。ボクシングをしていると言っても良いかもしれない。村田は4Rにダウンを取るなど強力なパンチで相手の体力を奪っていた。ストリートファイター格闘ゲーム)のような体力ゲージがあれば残りの体力が多いのは村田だったのではないだろうか。

 

ジャッジ

f:id:x-home:20170522213157j:plain

これが審判のジャッジ。前半1R~3Rはエンダム、4R~7Rあたりまでは村田にポイントが入っている。ここまでは試合を見た人ならば同じ評価をするのではないだろうか。不服があれば8R以降の後半戦。白(USA出身の審判)は全て村田に入れていて、他の審判はエンダムに入れている。私も村田より倍近い手数のエンダムに入れてしまうだろう。全体的なジャッジは青(CAN出身の審判)と近似である。