楽天は経営危機なのか!?

楽天ってどう!?危機なの?

f:id:x-home:20170521174227j:plain

楽天で物を買わなくなりました。

楽天ポイントよりyahooポイント(Tポイント)の方がいろいろ使えるよね。

それに楽天で出店している企業はyahooショッピングでも出店しています。

だから、私は楽天で欲しい商品を商品検索したら、yahooショッピングで再検索して買ってます。

 

以前、楽天が危ないという記事を見ているので、本当はどうなのって思って調べました。

決算資料

  この記事で貼付けてるパワポ楽天のIRから。

 

2016/1/3の記事について検証

 

biz-journal.jp

 

国内EC流通総額について

  証券関係者が首を傾げたのは、国内のEC総額にそれまで含まれていなかった宿泊予約サイト、楽天トラベルが追加されたことだ。市場では「国内のEC総額が伸びていると見せるため」と受け取られた。

 

記事にはこう書いてある。なので確認してみる。(記者が見ている資料とは異なるだろう)

 

 2014年

f:id:x-home:20170521135539p:plain

 
 2015年

f:id:x-home:20170521140649p:plain

 

 2016年

f:id:x-home:20170521140149p:plain

 

確かに、2015年にトラベルが追加されている。しかし他にも追加や削除されたものがある。また、2014年の資料では、2014年=2.01兆円が2015年の資料では2.4兆円に修正されている。このことから、2015年に再計算されたことが分かる。トラベルの額が分からないが、この資料から「国内のEC総額が伸びている」と見せるためかは分からない。なぜ「首を傾げた」のだろう?2016年の資料では国内EC流通総額の説明すらない(別のシートに書いてある)。

 

国内グループ流通総額について

 15年から国内グループ流通総額と表示を変更。国内EC総額のほかに、Edy楽天ポイントカード・クレジットカードの取扱高、楽天トラベルの予約流通総額が加わった。

 

しかし、楽天市場を中核とする国内EC流通総額は伸び悩んでいる。

 

この2年間、横ばいの状態ということだ。

 

これについても確認してみる。

 

2014年

f:id:x-home:20170521154646p:plain

 
2015年

f:id:x-home:20170521154756p:plain

 

2016年

資料なし。

 

??「15年から国内グループ流通総額と表示を変更」とあるが、14年も同じ。2015年の資料で加わったのは楽天ポイントだけ。合計値が減っているのはなぜなんだろう。

2014年のQ4/14はトラベルは1535億円であった。なので2015年のQ4/15は+10%増としたら1700億円。とすると、国内EC(トラベル抜き)は2015年の資料から、Q4/14は5158億円(2014年資料であれば5584億円)。Q4/15は5735億円となる。トラベル抜きでも増加していることが分かる。

 

2016/8/26の記事について検証

 

biz-journal.jp

 

営業利益について

  しかし、本業の儲けを示す営業利益は12%減の487億円(前年同期は540億円)、純利益も4%減の265億円(同277億円)と減益に転じた。主力の楽天市場楽天トラベルなど国内のネット通販事業で、顧客獲得のための販売促進費がかさんだ。証券サービス部門の低迷も響いた。

 

f:id:x-home:20170521170453p:plain

2016年Q4の資料を見てみると、国内ECは確かに営業利益の対前年比がマイナスだ。

国内ECは売り上げは伸びているものの営業利益が減っている。記事通り「顧客獲得のための販売促進費がかさんだ」と思って良さそうだ。(資料からは分からない。)

 

出店数について

  楽天市場の停滞は出店店舗数に現れている。16年6月末時点の出店店舗数は4万4453店で、14年12月末の4万1442店から7.2%、3011店増加したにすぎない。

2014年

f:id:x-home:20170521173304p:plain

 

2016年

f:id:x-home:20170521171923p:plain

「3011店増加したにすぎない」と言っているが、ここ数年では一番の伸びである。

2016年12月は、前年同期から327店しか増えていない。頭打ち(「停滞」)かも。

 

三木谷さんについて

 三木谷氏は都合が悪い情報は開示しない。楽天市場の国内の流通総額の開示を止めたのがその典型例だ。海外事業の業績への貢献度合いも公表しない。情報の継続性よりも、見栄えのほうが重要なのだろう。

 だから、当然のことなのだが、三木谷氏の証券市場での評価は低い。

毎回、資料を目にする記者や投資家でないと「都合の悪い情報は開示しない」ことに気付かないと思う。ただ私が資料を眺めて思ったことは、分かり難いことである。なぜ見せ方を変えるのだろう。毎年同じフォーマット、同じ並びで資料を作れば分り易くないですか?確かに評価は低そうだ。

総括

資料を読むというのは難しいですね。

記事はQ4について書いている訳ではないのに、私はQ4を見てますからなお難しくなってるのでしょう。

出店数の伸びが停滞しているのにも拘らず、国内ECが伸びているのは出店者から搾り取ってるからのかな。ただ、儲けが減っていることはよろしくないでしょう。まだまだプラスだから危機ではないけれど、この調子でいけばヤバいかもね。