読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【商品レビュー】【試し撮り】OLYMPUS OM-D EM-5 MarkⅡ その1

【試し撮り】OLYMPUS OM-D EM-5 MarkⅡ その1

OLYMPUS OM-D EM-5 MarkⅡを所有しています。(ど素人なんですが)

 

ずっとAモードで撮影していましたが、他のモードで撮ったらどうなるんだろう。

何が違うんだろうと考えていても始まらないので、いろいろな設定で写真を撮ってみました。

 

まずはアートフィルターです。ARTモードとは呼ばないんですね。

f:id:x-home:20170514151804p:plain

 

アートフィルター使用写真

たくさん写真があるので、アップしていきます。

F3.5、シャッター速度20ですかね。

 

ART1:ポップアート

 ポップアートはタイプⅠとタイプⅡがあります。

  • タイプⅠ

f:id:x-home:20170514140843j:plain

 

  • タイプⅡ

f:id:x-home:20170514140929j:plain

 

 

また、効果の追加ができるので試してみます。すべてタイプⅠに効果を追加しています。他のアートフィルターでも効果は追加できます。

 

  • ソフトフォーカス効果

f:id:x-home:20170514140941j:plain

 

  • ピンホール効果

f:id:x-home:20170514140955j:plain

 

  • ホワイトエッジ効果

f:id:x-home:20170514141010j:plain

 

  • フレーム効果

f:id:x-home:20170514141711j:plain

 

  • スターライト効果

f:id:x-home:20170514141803j:plain

 

  • 上下ぼかし効果

f:id:x-home:20170514141821j:plain

 

  • 左右ぼかし効果

f:id:x-home:20170514141838j:plain

 

ART2:ファンタジックフォーカス

ファンタジックフォーカスはタイプ選択は無いですね。

  • 効果の追加なし

f:id:x-home:20170514141900j:plain

 

ART3:デイドリーム

デイドリームはタイプⅠとタイプⅡがあります。

  • タイプⅠ

f:id:x-home:20170514141930j:plain

 

  • タイプⅡ

f:id:x-home:20170514142003j:plain

 

ART4:ライトトー

 ライトトーンはタイプ選択は無いですね。

  • 効果の追加なし

f:id:x-home:20170514142021j:plain

 

ART5:ラフモノクローム

 ラフモノクロームはタイプⅠとタイプⅡがあります。

 

  • タイプⅠ

f:id:x-home:20170514142044j:plain

 

  • タイプⅡ

f:id:x-home:20170514142127j:plain

 

フィルター効果と調色が追加できるので試してみます。

  • タイプⅠ + フィルター効果(Or:オレンジ)

f:id:x-home:20170514142153j:plain

 

  • タイプⅠ + フィルター効果(Ye:黄)

f:id:x-home:20170514142714j:plain

 

  •  タイプⅠ + 調色(S:セピア)

f:id:x-home:20170514142743j:plain

 

  •  タイプⅠ + 調色(B:青)

f:id:x-home:20170514142808j:plain

 

  •  タイプⅠ + 調色(P:紫)

f:id:x-home:20170514142830j:plain

 

  •   タイプⅠ + 調色(G:緑)

f:id:x-home:20170514142853j:plain

 

ART6:トイフォト

 トイフォトは3タイプあります。

 

  • タイプⅠ

f:id:x-home:20170514142911j:plain

 

  • タイプⅡ

f:id:x-home:20170514142927j:plain

 

  • タイプⅢ

f:id:x-home:20170514143030j:plain

 

ART7:ジオラマ

 ジオラマはタイプⅠとタイプⅡがあります。

 

  • タイプⅠ

f:id:x-home:20170514143049j:plain

 

  • タイプⅡ

f:id:x-home:20170514143107j:plain

 

ART7:クロスプロセス

 クロスプロセスはタイプⅠとタイプⅡがあります。

  • タイプⅠ

f:id:x-home:20170514143128j:plain

 

  • タイプⅡ

f:id:x-home:20170514143147j:plain

 

ART8:ジェントルセピア

 ジェントルセピアはタイプ無しですね。

 

  •  効果の追加無し

f:id:x-home:20170514143205j:plain

 

ART10:ドラマチックトー

 ドラマチックトーンは2タイプあります。

  • タイプⅠ

f:id:x-home:20170514143225j:plain

 

  • タイプⅡ

f:id:x-home:20170514143248j:plain

 

ART11:リーニュクレール

リーニュクレールは2タイプあります。

 

  • タイプⅠ

f:id:x-home:20170514143306j:plain

 

  • タイプⅡ

f:id:x-home:20170514143328j:plain

 

ART12:ウォーターカラー

 ウォーターカラーは2タイプありますね。

 

  • タイプⅠ

f:id:x-home:20170514143344j:plain

 

  • タイプⅡ

f:id:x-home:20170514143401j:plain

 

ART13:ヴィンテージ

 ヴィンテージは3タイプあります。

 

  • タイプⅠ

f:id:x-home:20170514143417j:plain

 

  • タイプⅡ

f:id:x-home:20170514143434j:plain

 

  • タイプⅢ

f:id:x-home:20170514143447j:plain

 

ART14:パートカラー

 パートカラーは3タイプあります。タイプ選択後に、色を決める必要がありますね。

青を選んでみました。

 

  • タイプⅠ

f:id:x-home:20170514143501j:plain

 

  • タイプⅡ

f:id:x-home:20170514143517j:plain

 

  • タイプⅢ

f:id:x-home:20170514143534j:plain

 

感想

 アートフィルターを使うことでいろんな写真が撮れるんですね。

風景撮りメインと考えていたので、使用する頻度は少ないと思っていましたが

ブログに上げる写真で活用できそうかな(o^∇^o)ノ

 

不満点を挙げるとすれば、名称ですかね。

聞きなれないカタカタ名称は分かり難いです。どういった効果かイメージし難いですよね。

ただし、このカメラではアートフィルターを適用した場合のsample画像が液晶に表示されるので、それが分かり難さを幾分か解消している。

f:id:x-home:20170514161018p:plain

 

y-home.hatenablog.com